古民家再生 屋根・外壁の大規模改修工事がついにスタート。

知多市 古民家再生 屋根・外壁工事

すべての施工実例を見る|すべて

覆ってあったブルーシートを外し、作業スタートです。
薄い野地板に気を付けながら作業します。
細かな埃もキレイに取り除きます。
しっかりとした合板を屋根に付けていきます。
合板が張られると随分歩きやすくなりました。
屋根が沈んだりしていなかったので思ったよりスムーズに作業が進みます。マルワ瓦工業さん。しっかりチェックしつつ段取り良く進めてくれます。
垂木にしっかりと合板を固定すると、屋根がピシッとしてきました。
重たい重たいルーフィングを貼っていきます。我が家の三男坊を持ち上げ転がすくらいの重さがあります。
必要な部分をしっかり重ねてタッカーで止めていきます。下から順番に重ねながら貼るのは、雨水が入らないようにする為です。
古くなった破風板は板金共に取り外しました。
取り外してしまった部分は、しっかりと養生をします。
しっかりとルーフィングを貼り終えました。ここまでくると、雨漏れの心配も少なくなるので一安心です。が、その上からまたブルーシートでしっかりと養生をしました。
大工の荒ちゃんが久しぶりの登場。破風の取付作業をしています。
大工の荒ちゃんが、軒先部分の作業に入りました。
キレイな鼻隠しがつきました。
破風、鼻隠しは同寸で回しました。
大工の荒ちゃんが、軒天下地を作ってくれています。
屋根の重みで垂木が波打っていたので、大工さんが頭を悩ませながら、軒天がきれいに付くように下地を作ってくれました。
屋根や壁から落ちてきた土埃で汚れていたので、掃除をしました。工事現場は釘やタッカーの刃など危険な物も落ちているので、掃除は欠かせません。
ブルーシートが外れ、瓦葺き作業が始まりました。
今回は栄四郎瓦さんのフラット瓦です。
波打った形ではないので、水平ラインがスッキリ見えます。
きっちりジョイントしながら止めていくので、地震や風に強くお家の屋根をしっかり守ってくれます。
上屋根に瓦が乗りました。次は下屋部分です。
下屋部分に瓦を搬入。瓦桟に引っ掛けながら固定していきます。
ビスでしっかり固定するので、台風で瓦が飛んでしまうことが、最近は少なくなりました。
青空に屋根のラインがスッキリとでていて凛としました。
屋根の作業はだいぶ佳境に入りました。
白モルタルを塗って、のし瓦を付けていきます。気を遣う難しい作業です。
屋根の歪みでフラット瓦のラインがどうなるか、心配ではありましたがスッキリキレイに収まりました。
外壁工事が始まる為、ガス給湯器を一時避難です。
サッシの取付作業が始まりました。
古いサッシは取り外し、下地調整を行います。
新しいサッシを取り付けていきます。
単板ガラスのサッシが新しく変わるだけで、随分、断熱性のが変わります。
2階部分の外壁は構造補強をし、外壁下地をつけました。
こちらの外壁は既存の上に外壁下地を作っていきます。
防水シートを貼りました。
軒天を貼っていきます。
屋根の笠木部分に、板金をまいていきます。
外壁にガルバリウムを張っていきます。
妻側部分はサッシの形もかわり、外壁も新しくなり印象が変わりました。
玄関回りも仕上がってきました。
1階2階で色分けして張ってきます。
北側は随分仕上がってきました。
大工のあらちゃんが、木格子などを作ってくれています。
ちっこい現場監督が気になるところではありますが、順調に進んでいます。
外壁施工の為に一時避難していたガス給湯器を、元の場所に戻しました。
塗装し終わった木格子を取り付けていきます。
2階部分も大工のあらちゃんが取付に来てくれました。