ぜんこうさん 自己紹介へ

いよいよ知多市の古民家再生、第2幕のスタートです。

こんにちは。ぜんこうです。

今日から知多市のY様邸古民家再生工事の第2幕がスタートしました。足場屋さんのつらけんさんが、若い衆といっしょに足場の架設を行っています。

足場の架設を行うのも、かなりセンスを必要とするんですよ。

壁からどのくらい離して、足場を架けるのか、高さをどれだけにするのか、それによって、次の工程以降の人たちの作業効率が変わってきます。

 

 

 

若い衆の彼は、16から足場の道に入って、今26歳とのこと。足場屋さんもそうですが、職人さんの世界では、入ってすぐに来なくなる人もざらです。そんな中、若くから続けている彼は、かなりの速さで足場を組んでいきます。

頭の中でどうやって、組んだら良いか、イメージができているんでしょうね。

 

解体工事用、屋根工事用のステージ足場も組んでくれています。

これがあると無いとでは、作業のしやすさがかわってきます。

 

 

お昼過ぎには、完成しました。 さすがです。

明日からは、解体工事が始まります。

 

1ページ (全12ページ中)